クレジットカード会社と加盟店の関係

多くの店舗や事業所がクレジットカードが使えるようになっていますが、何種類発行されているクレジットカードですから、自分が持っているカードの加盟店でないと使えないのです。カードを作るときには、日本国内のみならず、海外においても加盟店が多いカードを作ると有益です。またカードが全く使えないという店舗や事業所もあります。カードで支払いをすると決めているなら、その店舗や事業所に前もって使えるかどうかを尋ねておきましょう。


<クレジットカードが使えない店舗の特徴>

激安店などは、薄利多売によって激安を実現しているのがほとんどです。よってクレジットカード会社の加盟店となり、手数料を支払うこととなれば、それが収益を圧迫してしまうこともあります。そこで「現金のみ」という決まりを設けているということがあります。


<クレジットカード会社の加盟店となるには審査がある>

カード会社の加盟店となるには、審査を受けなければなりません。カードを使える店舗や事業所は、大切な個人情報を扱うことと同じです。やはり扱い側の信用も大切ですので、厳密な審査があるのです。個人輸入代行などで「良い会社は」という条件に「クレジットの利用が可能なところ」ということが入っていることがありますが、クレジットが利用出来る店舗ということで、ある程度信用できるのではないかと予測することができるからです。


クレジットカードのいいところはどこ?

クレジットカードは現金の代わりになりますのでお買い物の際には非常に便利ですし、ポイントを貯めることもできますのでとても便利で使い勝手の良いものだと思います。
手元に現金が無かったといういざという時には本当に心強くて頼もしい存在だと思います。
ご自分の無理の無い範囲内で使用されるのが良いかと思います。


クレジットカードの悪いところは?

クレジットカードは便利な面がある分危険な面も持ち合わせています。
何が怖いのかといいますと、盗難や紛失の際勝手に利用されてしまう可能性があるという事。
セキュリティに関してはまだ比較的にしっかりしていないので、ご自分できちんと大事に保管をして情報を管理されることをお勧めします。
何かあってからでは遅いので、クレジットカード本体や情報をしっかり保管しましょう。


ここには注意して下さい

気を付けていただきたいのは、クレジットカードが便利だからといって使いすぎてしまいますと返済が出来なくなるどころか金銭感覚まで少しずれてきてしまいますので、注意して下さればと思います。
むやみに使いすぎてしまうと今度はそれが癖になってしまう可能性もありますので、ご利用は計画的に余裕をもっての方がよろしいかと思いますよ。
返済をする際に困る事の無いように。


クレジットカードの返済方法

クレジットカードは何でも買える魔法のカードのようですが、実際は支払いを先延ばしにしている為もちろん使った分最終的には支払わなくてはなりません。その為クレジットカードの利用で失敗しない一番のポイントは計画的な利用にあると言えます。また利用額はもちろん返済方法にもクレジットカードは注意が必要です。


クレジットカードの返済方法

クレジットカードの返済方法は大きくわけて、一括払い(一回払い)、分割払い、そしてリボルビング払いの三種類があります。まず一括払いは文字通り利用した額を一度に全額返済する方法です。返済方法としては最も一般的かつ利息などの無駄がない方法であり基本的にクレジットの返済と言えば一括払いを利用する事になります。ただどうしても一度に払いきれないような大きな額を利用した場合には、払わなくてはいけない額を均等に支払い回数で分割する分割払いや、毎月決まった額を返済し続けるリボルビング払いを利用する事になります。


極力すぐ返す事がポイント

ただ分割払いにしてもリボルビング払いにしてもクレジットカードは元々一括払いを前提とした商品である事もあり利息が高く、支払いを翌月に繰り越す事でかなり多めの利息を払わなくてはいけなくなります。その為クレジットで失敗しない為にはまず極力分割払いやリボ払いを避ける事、そしてもし使う事になったら少しでも早めに返す事がポイントです。


クレジットカードをデザインで選ぼう

クレジットカードの個性が豊富になってきました。過去、シルバーで味気ないデザインのものが多かった
イメージが強いかと思いますが、クレジットカードのデザインや色も現在では非常に様々です。年会費や入会費、ポイント還元率で変化がないときはデザインに注目してみてはどうでしょうか?


クレジットカードもスタイリッシュに

銀行のキャッシュカードなどがキャラクターに対応し、通帳も人気のキャラクターを起用することも多いようです。有名なところだと、みずほ銀行のキティちゃんや、三菱東京UFJ銀行のディズニーなどでしょうか?クレジットカードも現在は非常にデザインが豊富になっています。JCBが公式スポンサーを勤めるオリエンタルランドでは、ディズニーJCBカードというディズニー公式のクレジットカードをつくることができます。ミッキーやミニーなどはもちろん、期間限定で発行できる30周年記念デザインなど、迷ってしまいます。


ゾゾタウンのクレカもすごい

洋服のネット通販を行うゾゾタウンでは、TOMMYやMILKFED.などの人気の高いメゾンとコラボレーションしたクレジットカードを発行できます。各メゾンのロゴや、定番のデザインなどをカードでも楽しむことができるのです。無機質なクレカにお別れして、お財布のカードもかわいくしてみませんか?


クレジットカード審査で気をつける事

クレジットカードはカードローンやキャッシングのように直接現金を貸し出す商品ではないものの、支払いを先送りにするという性質上金融系の商品であり、また利用には審査に通過する必要があります。特にショッピング機能のみのクレジットカードは融資の段階で利用目的が確定している「目的ローン」に分類される為カードローン程審査が厳しくはないもののそれでも注意すべき点はいくつかあります。


クレジットカード審査の基本

クレジットカードの審査では例えば現在の雇用形態や給料、勤続年数といった収入に関する項目をはじめとし、在宅状況は既婚未婚、信用できる連絡先の有無などが合否の判断材料になります。これらの項目をクレジットカード審査ではコンピューターによって数値化し合格点以上なら審査通過、合格点以下なら審査に落ちてしまう事になります。


審査項目以外の注意点

尚例えば過去に借りたお金を延滞した、未払があるといった金銭トラブルがあった場合クレジットカードの審査通過は難しくなります。また申し込み用紙や申し込みフォームに嘘の記載や誤った内容がある場合も審査に大きく影響します。またクレジットの審査はカードの枚数が増える程難易度が増すので、どうしても欲しいカードがある時は他の使っていないカードを解約する等が有効です。


ショッピングとキャッシング

クレジットカードには大きく分けてショッピングとキャッシングの二機能が備わっています。一般的にクレジットカードの名称が使われるのはショッピング、あるいはショッピングとキャッシングの両方が機能として備わったカードであり、同じ信販会社のカードでもキャッシング機能のみのカードはクレジットとは呼びません。


ショッピングとキャッシングの違い

ショッピングとキャッシングは両方共支払いを先送りにする機能ですがその内容は大きく異なります。まずショッピングはレストランやショッピングでの支払い時に主に利用する機能で、購入した商品に対する支払いを先送りにします。それに対しキャッシングはATMなどから現金を借りる方法でその利用目的を問いません。


クレジットカードの上手な使い方

ショッピングとキャッシング、二つの機能の特徴をきちんと踏まえていればクレジットカードは一層効果的に利用する事が可能です。例えばキャッシングは特に利用目的が定まっていない時でも保険として現金を持っておくのに使えますが、ショッピングに比べて利用可能な額が少ない傾向にあります。その為普段は極力ショッピング機能を使い、有事の際だけキャッシングを使えばショッピングとキャッシング両方に設けられた枠を最大限に活用する事ができます。


クレジットカードのポイント還元率

クレジットカードを利用する楽しみの一つといえば利用に伴い貯める事ができるポイントにあると思います。またいくらの支払いに対して何ポイント貯まるか、といった「ポイント還元率」の高いカードがポイントを貯めるのには有効です。


クレジットカードのポイント還元率

ポイント還元率がクレジットカード選びにおいて重要な理由は1ポイントあたりの価値がクレジットカード会社によって異なる為です。例えば100円につき5ポイント貯まるカードと100円につき1ポイント貯まるカードがあったとします。この二つを使って1万円の買物をした場合前者は500ポイント、後者は100ポイント貯まるので一見前者のほうがお得に見えます。しかし実は前者は10ポイント=1円であり後者は1ポイント=1円だったとします。この場合前者は50円、後者は100円同じ買物で稼いだ事になるので後者のほうがお得というわけです。


特典交換時の注意点

またこのポイント還元率はどの特典と交換するかによっても異なってくる為注意が必要です。例えばある会社では2000ポイントで2000円相当のお米と交換が出来ますが、商品券や金券類は2000ポイントで1000円分としか交換できないといいます。金券類は汎用性が高く最も人気の高い特典です、しかし会社によっては金券類の還元率をあえて下げている場合もある為交換の際は気をつけましょう。


クレジットカードと年会費

クレジットカードの利用には大抵の場合年会費が伴いますが、一方で年会費無料のクレジットカードも一定数存在しカード申し込みの際に年会費は比較基準の一つになっている事だと思われます。


年会費無料のクレジットカードにありがちな事

ただ年会費無料のカードと年会費のかかるカードがあれば普通は会費無料のクレジットがいいに決まっています。これらは決してポイント還元率が低いものばかりではなく、海外旅行時の保障が充実したものもそれなりにあります。ただ難点として年会費無料のクレジットカードはややステータスとしては弱いという側面があります。例えば意中の異性と、もしくは会社の取引先と食事にいった際の会計時に、その年会費無料のクレジットカードは見せられるものでしょうか。


自分のライフスタイルに合わせるのが大事

ただ普段クレジットカードをそんなに使わない人が年会費のかかるカードを持っていても勿体無い、というのもまた事実です。その為自分の利用頻度やカード申し込みの目的にあったカードを持つのが大事です。そして年会費は数字では測り辛いステータスの一つの目安となります。因みにポイント還元率の高い普段使い用の会費無料カードと、人前で見せても恥ずかしくないブランド力のあるカード、両方を持ち歩いているという人もいるようです。