クレジットカード会社と加盟店の関係

多くの店舗や事業所がクレジットカードが使えるようになっていますが、何種類発行されているクレジットカードですから、自分が持っているカードの加盟店でないと使えないのです。カードを作るときには、日本国内のみならず、海外においても加盟店が多いカードを作ると有益です。またカードが全く使えないという店舗や事業所もあります。カードで支払いをすると決めているなら、その店舗や事業所に前もって使えるかどうかを尋ねておきましょう。


<クレジットカードが使えない店舗の特徴>

激安店などは、薄利多売によって激安を実現しているのがほとんどです。よってクレジットカード会社の加盟店となり、手数料を支払うこととなれば、それが収益を圧迫してしまうこともあります。そこで「現金のみ」という決まりを設けているということがあります。


<クレジットカード会社の加盟店となるには審査がある>

カード会社の加盟店となるには、審査を受けなければなりません。カードを使える店舗や事業所は、大切な個人情報を扱うことと同じです。やはり扱い側の信用も大切ですので、厳密な審査があるのです。個人輸入代行などで「良い会社は」という条件に「クレジットの利用が可能なところ」ということが入っていることがありますが、クレジットが利用出来る店舗ということで、ある程度信用できるのではないかと予測することができるからです。