クレジットカード審査で気をつける事

クレジットカードはカードローンやキャッシングのように直接現金を貸し出す商品ではないものの、支払いを先送りにするという性質上金融系の商品であり、また利用には審査に通過する必要があります。特にショッピング機能のみのクレジットカードは融資の段階で利用目的が確定している「目的ローン」に分類される為カードローン程審査が厳しくはないもののそれでも注意すべき点はいくつかあります。


クレジットカード審査の基本

クレジットカードの審査では例えば現在の雇用形態や給料、勤続年数といった収入に関する項目をはじめとし、在宅状況は既婚未婚、信用できる連絡先の有無などが合否の判断材料になります。これらの項目をクレジットカード審査ではコンピューターによって数値化し合格点以上なら審査通過、合格点以下なら審査に落ちてしまう事になります。


審査項目以外の注意点

尚例えば過去に借りたお金を延滞した、未払があるといった金銭トラブルがあった場合クレジットカードの審査通過は難しくなります。また申し込み用紙や申し込みフォームに嘘の記載や誤った内容がある場合も審査に大きく影響します。またクレジットの審査はカードの枚数が増える程難易度が増すので、どうしても欲しいカードがある時は他の使っていないカードを解約する等が有効です。