ショッピングとキャッシング

クレジットカードには大きく分けてショッピングとキャッシングの二機能が備わっています。一般的にクレジットカードの名称が使われるのはショッピング、あるいはショッピングとキャッシングの両方が機能として備わったカードであり、同じ信販会社のカードでもキャッシング機能のみのカードはクレジットとは呼びません。


ショッピングとキャッシングの違い

ショッピングとキャッシングは両方共支払いを先送りにする機能ですがその内容は大きく異なります。まずショッピングはレストランやショッピングでの支払い時に主に利用する機能で、購入した商品に対する支払いを先送りにします。それに対しキャッシングはATMなどから現金を借りる方法でその利用目的を問いません。


クレジットカードの上手な使い方

ショッピングとキャッシング、二つの機能の特徴をきちんと踏まえていればクレジットカードは一層効果的に利用する事が可能です。例えばキャッシングは特に利用目的が定まっていない時でも保険として現金を持っておくのに使えますが、ショッピングに比べて利用可能な額が少ない傾向にあります。その為普段は極力ショッピング機能を使い、有事の際だけキャッシングを使えばショッピングとキャッシング両方に設けられた枠を最大限に活用する事ができます。